期間工に応募すると研修や健康診断があることも

期間工に応募すると、3日~5日程度の研修や、健康診断があることも多いです。期間工の仕事では無料の寮がついているため、遠方から応募する人も多いです。せっかく遠方から来たのに、健康診断で落ちてしまって、リターンすることになったら無駄足となってしまうので、自分の健康状態には気を使っておきましょう。腰痛がある人などは、基本的には断られてしまいますが、面接の時に正直に告げておくことで、腰痛がある人でもできるような仕事を与えてもらえる可能性はあります。

不安要素がある人は、隠さずに面接の時に正直に伝えておきましょう。自動車工場の期間工の仕事はハードなので、健康状態に不安がある人では難しいですが、小さな部品を扱うような仕事では、問題なく仕事がこなせることもあります。3日~5日程度の研修では、ネジ締めの練習や、体力テストなどが行われるようです。マラソンをして、時間内にゴールできなければその時点で落とされるというところもあります。

期間工の仕事は、面接さえ通過すれば安心できるというものではなく、研修で半数以上が落とされるということもあります。また、最初の2週間でかなりの人数が辞めていくという話もあります。内定をもらったからといって安心はせず、健康管理にしっかりと気をつけておきましょう。仕事が始まるまでの間、ランニングや水泳などをして、少しでも体力をつける努力をしておくのが良いでしょう。

お酒を飲んでしまい、初日の仕事についていけずに辞めてしまったという事例もあるので、お酒にも注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です