弁護士の無料相談で過払い金請求について聞けます

消費者金融が行っているサービスとして、カードローンなどは有名だと思いますが、過去にこれらの融資サービスを利用したことがある人の場合には、過払い金が発生している可能性が考えられます。過払い金は本来であれば支払わなくても良いお金になりますので、弁護士に相談することで返還してもらうことが可能です。過払い金の返還請求については、債務整理の一種になると聞いたことがある人もいるかもしれません。債務整理というと自己破産などが挙げられますが、債務整理をすることによって信用情報機関に登録が行われて、クレジットカードなどが作れなくなる可能性があります。

住宅ローンや自動車ローンについても影響が出る手続きもありますので、自分の生活基盤に関してどのような影響があるのか、手続きを行う前に知っておきたいと感じる人は多いでしょう。過払い金の返還請求は債務整理の手続きの中でも、当然の権利として払い過ぎたお金を取り戻す手続きになりますので、弁護士に依頼して返還請求をしたことによって、信用情報機関に登録されることはありません。しかし、手続きを行うときに消費者金融からの借り入れ金額が残っているときには、取り戻した過払い金が借金の返済に充当されることとなり、任意整理を行ったことと捉えられます。任意整理をしたときには信用情報機関に登録されて、5年間ほどの期間はローンが組めなくなってしまいますので、詳しく内容を知りたい人は弁護士の無料相談を受けて質問することがおすすめとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする