Skip to content

白ニキビはなぜできるのか

肌にできた白ニキビは、目立ちにくいものの、本人としては気になる存在となります。白い状態はニキビとしても、初期の段階にあたります。サイズとしては、1mmから3mmくらいです。まだ赤く炎症は起きてはいないため、肌の色とあまり変わらないように見えるので、メイクで隠しても目立ちにくくなります。

この白い状態はなぜできているのかというと、毛穴の詰まりによるものが原因です。毛穴には、メイクの汚れであったり、古い角質などが詰まっていて、白っぽく見えています。汚れなどにより、毛穴が塞がれてしまっている状態です。特に女性の場合は、メイク汚れが大きな原因となっているものです。

女性にとってメイクは、毎日の日課でもあり、身だしなみとしても大切です。しかし毎日のこととなると、メイクをするのもお化粧を落とすのも、結構大変です。忙しい毎日の中で、メイクを完全に落としきれていないことが、白ニキビの原因となっていることがあります。ファンデーションをクレンジングで落としたつもりが、しっかりオフできていないために、毛穴に入ったままの状態の可能性があります。

そこへ菱田とか、ホコリなども入り込めば、肌荒れを起こすのも無理はありません。皮脂分泌も盛んになれば、毛穴は詰まる一方です。このように、毛穴はつまりやすいループとなっていきます。ただ白ニキビは初期段階ですから、早めのケアで対処をしていくことが可能です。

毎日のメイク落としは、できるだけ丁寧に行いましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です