Skip to content

間違いがちなニキビケアの常識

ニキビができると憂鬱ですから、とにかく早く治したいと思う方がほとんどですね。ニキビができるメカニズムは、肌の皮脂や汚れにアクネ菌が繁殖し、そこに炎症を起こすことが原因です。このメカニズムは、割と多くの方が知っていて、理解していることでしょう。原因は皮脂や汚れなのだから、とにかく肌を清潔にすることが大事ですね。

こまめな洗顔をし、皮脂や汚れを取り去ってしまうとアクネ菌の餌がなくなって退治することができるのではないかと考えている方がたくさんいます。ところが、実はこれが割と大きな間違いなのです。確かに皮脂や汚れはアクネ菌の餌で、肌を清潔にすることは大事です。しかし、洗顔しすぎはニキビをかえって悪化させるのです。

なぜかというと、皮脂には肌を保護する役割もあるからなのです。肌が無防備な状態だと、そこに菌が繁殖しやすく、たちまち肌荒れを起こします。すると肌を保護するためにますます皮脂の分泌量が増え、ますますアクネ菌も集まってくるというわけです。これを防ぐためにはどうしたらいいのでしょうか。

第一には洗顔を過剰にやりすぎないことです。多くても朝と入浴時の1日2回が限度です。そして、保湿を念入りにし、必ず乳液やオイルで蓋をすることですね。皮脂はこの蓋の役割をしているのですが、乳液やオイルでしっかり蓋ができていると、過剰に皮脂を分泌する必要はありません。

何となくニキビにオイル系は良くないんじゃないかという常識は、実は正解ではないのですね。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です