Skip to content

ニキビを治すには、ピーリングという方法があります

ニキビというものは、肌のターンオーバーといって、古い角質が剥がれ落ち肌が新しいものに生まれ変わるときに治ります。一度のターンオーバーでは、完全に治らないので、ターンオーバーを数度繰り返すとニキビは治ります。しかし、生活習慣の乱れ、つまり、寝不足やストレス、偏った食事、飲酒、喫煙により肌のターンオーバーが遅れがちになることがあります。生活習慣さえ改めれば、ターンオーバーも正常に戻るのですが、この生活主観を変えて、ストレスをなくすと言うのは現代社会での事情では難しいです。

そこで便利なものがあります。ピーリングといって、肌にあるj古い角質を強制的に排除して肌がそれに反応し、ターンオーバーを起こさせるという方法があります。いわゆるピーリング化粧品です。このピーリング化粧品を使えば、肌はいつでもターンオーバーを起こすためニキビの治りが早くなります。

しかし、注意していただきたいのが、このピーリング化粧品を使いすぎると肌は常にターンオーバーを起こすので、肌質そのものが変化してしまい肌の角質が硬くなってしまいますので、そのピーリング化粧品の説明書にある使用間隔は絶対に守るようにしてください。大抵は1週間から2週間程度に1回の頻度でピーリングをすればいいはずです。ピーリングをすると肌質がどんどんとよくなります。ターンオーバーすることと同様の効果が得られるため、ニキビのスキンケアでは、必須アイテムとなっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です