Skip to content

お尻ニキビの原因とは

お尻ニキビは根本的原因は同様であっても、背中や顔とは違い、放置すると悪化しやすいです。スピーディな改善をしたい理由としては、ヒップラインであるために、色素沈着をしやすいためです。特に女性であれば、夏の水着になる前には直しておきたいものです。お尻ニキビが出来てしまう原因は、顔や背中と変わりません。

お尻の皮膚であっても皮脂分泌が過剰であったり、肌が乾燥していたりすることが、ニキビにもつながりやすくなります。また、ホルモンバランスの乱れも、要因の一つと考えられます。人間のお尻は柔らかいという印象があります。しかしニキビが出来た時、そのまま放置をしてしまと、その部分だけ皮膚は厚みを増します。

さらには、皮膚はかたくなるのです。床や椅子に座ったときの姿勢を考えてみればわかりますが、お尻は体重を支えている状態です。その重圧により皮膚は硬くなって、お尻ニキビにも刺激を与えることとなります。お尻は常に衣類で覆われています。

顔はそのままですが、ヒップラインは、常に衣類の摩擦を受けている場所です。そのため、吹き出物などで来てしまうと、炎症を起こしたり、悪化しやすくなります。女性であれば、下着だけではなく、タイツやストッキングも着用しますし、その上からスカートやパンツですから、数枚密着することになります。しかも通気性が悪いですから、アクネ菌が活躍しやすくなります。

ヒップラインの肌荒れを治していくのであれば、専用のクリームを塗るなどでケアをしていくことです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です