Skip to content

保湿化粧水は肌に必要なもの

保湿化粧水は角質層が正常に働くために必要なものです。角質層には外的刺激から肌を守る「肌バリア」があり、古い角質を押し出し新しい肌を作る「ターンオーバー」、そして肌を潤わせる「保湿」があり、これらが連動して日々の美肌を保っています。角質層の状態が良ければ良いほど肌はみずみずしくなります。肌を潤わせるケアはこの角質層に働きかけるケアなので重要なものなのです。

ところが暖房や冷房の効いた乾燥した部屋にずっといたり、間違ったスキンケアや生活習慣などを長く続けることによって、角質層の状態が不安定になります。特に乾燥が原因で起こる肌トラブルは、水分保持力が弱くなることが原因であることが多いので、高保湿化粧水で角質層を潤わせることが何より大切な対処法となります。化粧水の中にはほとんど水のような製品があり、付けた直後は潤いますがすぐに蒸発してつっぱるものもあります。このようなタイプは、次に使う乳液やクリームで潤いを閉じ込めるというシリーズ使いを推奨しているものです。

最近のものでも乳液やクリームが用意されてはいますが、化粧水単品でも相当な潤い力を持っていて、とろみがあり美容液に近い感触で使えるものが主流となっています。その理由は、水分保持力の高いセラミド配合製品が増え、アミノ酸に着目されるようになったからです。また、ヒアルロン酸やコラーゲンのナノ化技術も進歩し、液状で安定した形で使えるようになった背景があります。保湿のためには油分も必要なので乳液やクリームも使用もおすすめしますが、保湿化粧水の品質は格段に良くなっています。

ロダンフィールズのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *