Skip to content

エイジングケア化粧品とは?選び方について

30代、40代や50などの年代の方であればエイジングケア化粧品に興味にある方は多いと思います。エイジングケア化粧品は数多くあり、どれも良い効果があるように感じて選ぶ際に迷ってしまうこともあります。エイジングケア化粧品といっても、定義があるものではなく、一般的には基礎化粧品の中で主にエイジングが気になる30代以上の年齢に応じた肌の手入れをサポートするための化粧品のことです。オールインワン化粧品やオーガニックコスメ、医薬部外品などのエイジングケアの化粧品もあります。

エイジングケア化粧品に期待できる効果は予防美容で、基本的な機能は美白や日焼け止めを除くと保湿など一般的な化粧品と同じですが、保湿力の高い成分が高濃度で配合されていたり、肌のハリやツヤ、弾力などをサポートする機能性の高い成分が配合され、シミ対策などの抗酸化作用のある成分が含まれいることが多いです。エイジングが気になる場合、肌は水分や弾力を失って、肌にハリや潤い、ツヤなどがなくなってる状態で、くすみやたるみ、しわやほうれい線、シミなどが目立つようになります。エイジングケア化粧品の選び方は、まずは肌の状態を確認することが大切です。毛穴の開きはないか、しわやシミなどがどの部分にあるかなどです。

肌の状態を確認したら、自分の肌の必要なケアができ、その効果が期待できる成分が配合されている化粧品を選びます。シミが気になる場合にはビタミンC誘導体やプラセンタエキスなど美白成分が配合されているタイプを選び、シワやたるみが気になる場合にはコラーゲンやビタミンC誘導体などエイジングケア成分が配合されている化粧品を選ぶと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *