Skip to content

エイジングケア化粧品とは

エイジングケアという言葉をよく耳にしますが、そもそもエイジングケアとはどんなことかおわかりですか。エイジングとは加齢、ケアは手入れを意味します。つまり、エイジングケアとは、肌に関していえば、加齢を原因とする様々な肌トラブルについての予防、症状が出てからの対策をすること。加齢によるダメージを感じさせない、健やかな美肌を作るための手入れをすることなのです。

そのお手入れのために使われる化粧品をエイジングケア化粧品といいます。では、エイジングケアはいつから始めればよいのでしょうか。具体的に何歳からというよりも「サイン」が出たら、そのタイミングとみて、適切な手入れを始めるのがベストです。わかりやすいサインは、「毛穴の目立ち」と「肌のくすみ」です。

シワが目立つようになってからエイジングケア化粧品を使い始めるのでは少し遅いといえます。2つのエイジングサインの主な原因は実は同じです。肌の「乾燥」が引き金になっています。年齢を重ねた肌はバリア機能が弱まり、肌内部の水分を保つことが難しくなるのです。

角質層の水分量が減少した肌はツヤを失い、暗くくすんで見えます。また、徐々にたるむようになり、縦長のたるみ毛穴をつくってしまいます。エイジングサインに気付いたら、まずは肌の乾燥を防ぐことが大切です。保湿に特化したエイジングケア化粧品を取り入れてみましょう。

保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸を配合した化粧品がおすすめです。また、乾燥を防ぐための紫外線対策も重要です。紫外線は一年中降り注いでいます。秋冬でもUVカット機能のある乳液などを使い肌を守りましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *