Skip to content

ニキビ化粧水はアルコールは避けたほうがおすすめ

口や顎、生理前にポツポツとした治りの遅いニキビは大人ニキビの特徴であり睡眠不足や偏食、ホルモンの乱れ等によって引き起こります。大人ニキビは肌のターンオーバーが遅れたり、皮膚の乾燥によって多量の皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしてる状態です。これは肌にある水分と皮脂のバランスが崩れており、症状改善には化粧水を初めとしたスキンケアがおすすめです。人によって多量の皮脂を減らそうとさっぱりタイプ、皮脂の分泌を抑える作用のある化粧水を選ぶかもしれません。

しかしこうしたタイプの商品の中にはアルコールが多く含まれていることがあり、肌に塗ると乾燥を促しバリア機能を低下させ症状悪化に繋がりやすいです。アルコールは肌を引き締めたり、次に使用する化粧品の浸透をよくする働きがあります。しかし多量に含まれたものはニキビ肌にはおすすめできず、商品購入時は注意しましょう。アルコールの他にはオイルも場合によって、ニキビ原因の一つであるアクネ菌の増殖を招く恐れがあるので避けたほうが良いです。

ニキビ肌に必要な化粧水は肌の水分保持であり、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンといった保湿成分を含んだものがおすすめです。購入して肌に塗る時は、コットンより手のひらで化粧液成分を浸透させると良いです。コットンは確かにムラなく成分を塗れる利点がありますが、肌の刺激になることが多いです。なので負担の少ない手のひらが適しており、特にニキビが炎症、悪化してる場合は積極的に利用するべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *