Skip to content

エイジングケア化粧品選びのポイント

エイジングケア化粧品では、肌老化を引き起こす原因を抑える成分が配合されている化粧品が最適です。老化を招く原因になっているのは、紫外線による光老化、活性酸素による酸化、タンパク質を変性させる糖化、皮膚が薄くなる菲薄化があります。光老化は長年浴びてきた紫外線で受けたダメージでシワやたるみができる状態で、肌の真皮層まで届くUV-Aと表皮に作用してメラニンが増えてしまうUV-Bがあります。紫外線は一年中降り注いでいるので、日焼け止めを塗ってブロックしていきます。

紫外線には活性酸素を増やす作用もあるので、抗酸化成分の入っているエイジングケア化粧品でお手入れをしましょう。ビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10などの抗酸化成分に加えて、アルブチンなどの美白効果を持つ成分の入ったエイジングケア化粧品を使うと、シミ対策にもなります。糖化は真皮層や角質層に起こる現象で、肌がゴワゴワしてキメが粗くなるので化粧ノリが悪くなったり、くすみが発生して透明感が失われたりします。対策では糖化物質のAEGsを抑える作用を持つセイヨウオオバコやシモツケソウなどの抗糖化作用を持つ成分を利用します。

皮膚が薄くなってくると刺激に弱くなって乾燥しやすくなり、炎症やかゆみなどのトラブルが発生しやすい肌になるので、セラミドなどの保湿力の高い成分が配合されている化粧品を使い、強い刺激を与えるピーリングやマッサージを避けて、肌に負担のかからない方法でケアしていきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *