Skip to content

エイジングケア化粧品で丁寧なスキンケア

加齢に伴い肌はどんどん老化していきます。その理由としては、コラーゲンの減少や活性酸素の増加などがあります。コラーゲンが減少するとハリやうるおいが失われて美肌を保つことが難しくなってしまいます。その原因は、角質のバリア機能が低下してターンオーバーが不活発になるということにあります。

肌の再生がうまくされなくなるので、乾燥、しわ、くすみ、シミ、たるみ、毛穴の開き、ごわつき、ざらつきなどの肌トラブルが発生してしまうようになります。活性酸素が増加すると肌が酸化して錆びていきます。活性酸素は肌だけではなく、骨や筋肉や細胞や血管などにも悪影響を及ぼします。活性酸素を除去するためには水素水やビタミンCやビタミンEやアスタキサンチンやコエンザイムQ10やポリフェノールなどの抗酸化作用が強い成分を積極的に摂取するのが効果的です。

コラーゲンの減少による肌トラブルを改善させるためにはエイジングケア化粧品によるきちんとしたスキンケアが必要になります。エイジングケア化粧品は様々なメーカーやブランドから様々なタイプのものが市販されています。保湿効果があるエイジングケア化粧品を使用して丁寧なスキンケアをすることが重要になります。肌の老化の大敵は乾燥ですので、古い角質や毛穴の汚れや酸化した皮脂などをしっかりと洗顔やパックやピーリング剤やふき取り化粧水などでオフして角質を健やかに保つということが重要なポイントとなります。

角質が健やかになりバリア機能がアップすることで化粧水や美容液の浸透力も高まりますし、ターンオーバーも活発になってうるおいやハリに満ちた美肌に導くことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *