難しいc言語は学校で学ぼう

c言語は、特に学校で学んでいかなくてはならない言語として考えておく必要があります。

これは、c言語がコンピュータを含めた様々な知識が要求されるからに他なりません。プログラミング言語の中でも、特に難しいと考えられているのがc言語であるため、基本的なコンピューターの知識がないとその効果をそのものを理解することができないという特徴が存在します。c言語が、近年で提供されているプログラミング言語と大きく異なるのは、自分自身でコンパイルなどを行っていかなくてはならないという特徴があることです。

例えば、JavaScriptなどはインターネット等で簡単に動かすことができる言語であり、メモ帳に書いて保存するとそのままプログラムを動かすことができるという特徴があります。これは記述したソースコードをそのまま人間が理解できる表現として抽出することができるからに他なりません。しかし、原始的なプログラミング言語というのは人間と機械が理解できる表現は違うという前提で、その変換を行わなくてはならないという側面があります。

こういった基礎的な部分を学んでいかなくてはいけないのが、c言語の大きな特徴です。実際に学校で、こういった複雑な言語を学んでいくときには開発環境から整えていくように工夫をしています。言い換えると、学校で開発環境の構築から教えてもらわないと、素人にはなかなか手を出すことが難しい言語であるともいえます。ですから、専門的に学びたいときには学校で一から勉強することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *