c言語研修をおこなうことのメリットとは

パソコンのプログラムからホームページの設計まで、基礎構築するために必須なのがc言語です。

プログラミングを実施するうえで世界共通の言語と表現することも出来ますが、このc言語を学ぶには専門学校やパソコンスクールに通う必要があります。2020年からは小学校でプログラミング授業が必須化されますが、現在社会人として活躍されている方でc言語をマスターしているという人は限られます。今後ますますあらゆる分野でIT化が進む傾向があり、早い段階で学んでいる方がいいでしょう。これから先を見越すと、企業にとってIT分野に長けている人材は非常に頼もしい存在と言えます。

その為、今現在まだIT化に対応していない企業であれば、積極的にIT研修を社内で実施するのが得策です。研修をおこなうには、外部のパソコンスクールから講師を招く方法があります。受講生が20名以上であれば出張講義に対応しているスクールが多くあり、カリキュラム内容も選ぶことが可能です。2019年4月から働き方改革関連法が施行され、どのような職場であっても8時間以上の業務従事や残業が禁止になりました。

しかし研修の場合は残業には含まれないので、業務後にプログラミング及びc言語を学べる環境を作ることが出来ます。c言語を自在に操れるようになれば、企業のホームページや業務用プログラムの構築なども自社で賄うことが出来、これまで外注していた予算を大幅に削減することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *