人気のjava言語は研修で学ぶ

java言語は一時期すごく人気がありました。

現在でもはPythonの人気が急上昇しており、人気では抜かれているという印象ですね。Pythonはシンプルかつ読みやすい言語で初心者の人によく推奨されています。javaは習得難易度が高いので、あまり初心者向けではありません。しかし、世界中のシステム開発の現場で利用されているプログラミング言語としては、C言語と並んでjava言語がトップと思われます。求人数もトップクラスですが、エンジニアの年収はそれほど高くはありません。エンジニアの年収ランキングではPythonのほうが上位に来ています。

これは、Java言語を扱えるエンジニアの数が増えていることが原因と思われます。javaはさまざまな用途で利用されますが、WEBアプリで使われることは稀です。サーバーサイドの開発では非常に需要が高いと言われています。Pythonの人気が上昇しているものの、求人数ではまだjavaが圧倒しています。これからもしばらくは需要が落ちることはないと予想されます。しかし、前述したように習得難易度が高いことが難点です。

初心者の人はスクールに通ったり研修を受けたりする必要があるでしょう。独学で習得してしまうすごい人もいますが、そういった人は一部の天才的な才能をもった人なのかもしれません。普通の人の場合、新しいことを学ぶときにはやはりスクールや研修が必要になるでしょう。スクールと比較して、研修はコストの全額もしくは一部を会社が負担してくれることや、上司からの指示で受ける場合には給料が支給される点などがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *