社外のjava研修で学ぶメリット

現在非常に人気のあるjavaですが、研修を社外のサービスに任せる企業が多いようです。

研修というと社内で行うイメージが強いのですが、社外のサービスを利用するメリットは色々あります。研修を専門にしているところなら、ノウハウも豊富ですし、初心者がスムーズに学べるように環境も整えられています。研修体系は会社によって異なり、マンツーマンと集団型でも違いがありますし、オンラインとオフラインもあるのが大きな特徴です。大手企業のjava研修でも実績を持つようなところは、受講者のフォローが万全です。受講生ごとの進捗が一目でわかるように可視化がされていたり、習熟度に合わせて受講内容を変えたりすることもできます。

ただ単に受講するだけで身に付かないという事態を防ぐために色々な策が講じられていますので、初めてjavaに触れる人でも挫折するリスクが小さくなります。オンラインとオフラインではどちらが良いのかという議論もしばしば行われますが、どちらにもメリットがありますので両方を取り入れていることが最善です。

内容的には、オブジェクト指向のプログラミングを理解し、javaの基本文法まで押さえ、理解したことを駆使して実装できるところまでいいます。実装できるようになれば現場に配属されても困りません。多くの新人を採用して集団を受ける場合には、皆で集団学習ができるように教室が設けられているところに行きます。変数や配列、条件分岐などを操れるようになるだけでなく、メソッドまで扱えることが理想です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *