Webデザインの仕組みと仕事の内容

Webデザインは企業サイトのデザインや動作プログラムなどを手がける仕事のことで、主にWebデザイナーと呼ばれる人達がこの仕事を請け負っています。

Webデザインを手がけるWebデザイナーの仕事としては、サイトを見やすくしたりオシャレに演出する為のデザインや、そのデザインをサイトに実装する為のコーディングと呼ばれる作業、そして、サイト利用者のサービス請求に応じてアニメーションやデータ処理などを行う簡易プログラムの構築などがあります。実際にはこれら全ての仕事を1人で行うわけではなく、それぞれの仕事を得意とした人達がチームを組んで仕事を行っています。

Webデザインの仕組みとしては、HTMLと呼ばれるコーディング言語とCSSと呼ばれるデザイン・レイアウトの仕様で構成されており、そこに特別な機能を与える為のスクリプトと呼ばれる簡易プログラムを加えることで、様々なサービスを提供できるシステムが構築されています。このスクリプトの動的Web技術にはサーバから外部プログラムを呼び出して作動させる方法と、利用者であるクライアント側が実行環境を利用して送信された情報に基づいて再現する方法が存在し、現在では動作の軽い後者の方がメインで使用されています。

Webデザイナーになる為にはクリエイター専門の学校や大学で学んだり、独学で習得したりしてこの職業に就くことが可能になります。Webデザインの評価の指標としては、デザインの優劣や演出方法、利用しやすさ、セキュリティの安全性などで評価を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *